青空文庫で大体の作品を読むことは出来ますが、表題の「古書」に注目して頂きたい。

古書とは

すでに絶版となっており、一般書店では入手不可能な本のこと。

と、実際の書物(本体)を古書と定義しています。

古本屋などで高額取引されている初版本など、古書GEEKマニアにとって「古書」で手元に置いておくことで快楽を感じている。

手元に置いておくが、本文は文庫本などで読む。

これぞ、古書に対する快楽主義